情報との付き合い方が人生を左右する!堀江貴文氏の『情報だけ武器にしろ』を読んでみた。

 

★はじめに

 

現代社会には無数の情報が溢れています。それらを発信したり、受け取ったりする媒体も数
多く存在しています。個人でも、様々なジャンルの情報を手に入れたり、他人に与えたりで
きるようになってきました。

そんな中で考えるべきことが「情報との付き合い方」です。情報を上手に操れるようになる
と、自分の知識や経験をどんどん増やすことができ、確実に自己成長に繋がっていくのです。
人生を変えることもできます。逆に情報を適当に扱っていると、騙されたり、トラブルに発
展したりと人生に悪影響を及ぼしかねないのです。

 

そこで今回は情報との上手な付き合い方・情報の扱い方について、堀江貴文氏の著書である、
『情報だけ武器にしろ』から抜粋して、ご紹介させていただきます。




★情報は狩りにいくもの

 

世の中に無数にあふれている情報をインプットする上でまず重要なことが、情報とは、自分
から積極的に取りにいくものであるということです。幸い、現代では情報を手に入れるため
のツールが揃っています。スマートフォンのアプリ、SNS等々、工夫次第で自分からいくら
でも最新の情報を手に入れることができます。

 

そして情報の「狩り」が終ったら、次は自分の頭で考え、自分なりの言葉で外部に発信、脳
内を整理するクセをつけましょう。ネット上のブログやSNS等、こちらも発信するためのツ
ールは十分にあります。前回の記事でもお伝えした通り、インプットとアウトプットは常に
セットで考えるべきなのです。

 

情報を自分から「狩り」にいくことで、時代の最先端を生きることができます。当然、努力
しない人=自分から情報を取りに行かない人は取り残されてしまうのです。

 

情報との上手な付き合い方

情報を自分から狩りにいく

 


★アイデアはただの情報の繋ぎ合わせ

 

独創的なアイデアで世界を変えたいという人は多いかと思いますが、現実は厳しく、中々そ
のようなアイデアは思いつきません。そもそも「独創的なアイデア」や「自分固有の考え」
等にこだわりすぎるのは問題で、『アイデア=ただの情報の繋ぎ合わせ』くらいの認識が重
要なのです。

 

つまり、アイデアを出す作業を一発勝負と捉えて、ガムシャラに頑張るのではなく、コツコ
ツと常に情報を収集して、そのストックした情報を掛け合わせる作業を行ったほうが、より
成功に近づけるということです。

 

アイデアを出すためには日頃からの情報収集が欠かせません。今や世界中で利用され、賞賛
を受けているサービスや商品のアイデアも、非常に多くの情報を集めることができた結果な
のです。

情報との上手な付き合い方

アイデア=情報の繋ぎ合わせと認識する

 

 


★情報は「魅せるもの」

 

近年「インスタ映え」という言葉も流行し、自分が実際に体験したり、見聞きしたりした情
報をできるだけ多くの人に共感してもらいたい、という考えが広まりつつあります。そして、
情報を拡散させる上でSNSやYouTubeといった媒体を使用することは、最も効果的かつ効率
的でもあります。

 

飲食店で例えると、味がおいしい、コスパが良い、接客が丁寧といった特徴を持つのはもは
や当たり前で、一皿の料理でどれだけの情報を与えられるかを考えなくてはならないという
ことです。美しい盛り付け方、思わず写真で撮りたくなる見た目、そういったことを意識で
きる店が人気を博していくわけです。

 

情報は魅せてこそ、多くの人に受け入れてもらうことができます。SNS等で発信する動画や
写真では、「視覚」に訴える情報へのこだわりが気づけば大きな差を生むことになるのです。

 

情報との上手な付き合い方

情報は’’魅せろ’’!

 

 


★情報を真似てみる

 

特にビジネスの世界においては「正しい情報を真似てみる」ということが成功への王道だと
言われています。真似るということに抵抗がある方も多いかもしれませんが、決して恥ずか
しいことでも、志が低いということでもありません。

 

例えばブログ記事を書く際にも、アクセス数の多い優れたブログを見て、記事の構成や扱う
題材を参考にしてまずは真似て自分の記事を書いてみると、おのずと「優れたブログ記事」
の特徴がつかめ、よりクオリティの高いものがつくれるようになるのです。

 

逆に言うと、そういった正しい情報というものを常に頭の中にストックしておく必要があり
ます。周りにあふれている『成功モデル』や『大ヒット商品・サービス』等の良い部分を探
し、吸収し、自分のものとすることで、自己の商品やサービス、そして自分自身を成長させ
ることができるのです。

 

情報との上手な付き合い方

情報を真似て、良いところを吸収する!

 

 


★情報を行動に変えてこそアウトプット

 

前回の記事でも触れた情報のアウトプット。これはビジネスやプライベートを成功させる上
で、この上なく重要です。ここでポイントとなるのが、アウトプットとは情報を吐き出して
終わりなのではなく、その情報を行動に移してこそはじめて意味を持つということです。

 

例えばダイエットに関する情報を手に入れた(インプットした)としましょう。毎日10分で
も外を走ると良い、このサプリを飲めばいい、食事はこういったものを食べるべき等々、様
々な情報を得たわけです。これらの情報に対して「はい、分かりました。理解しました。」
で終わってはいけないということです。

毎日走るためにランニングシューズを買ってみる、時間を確保するために朝のアラームを20
分程早くセットする、サプリメントをネットで注文する、食材の買い物に行く、といったよ
うに実際の行動に移さなければ情報は全く意味がないものとなってしまうのです。

 

行動することでしかアウトプットは成立しません。そして、しっかりとアウトプットすれば、
必ず新たな発見があり、さらなるインプットがついてくるようになっているのです。行動で
示さずただ頭で考えているだけでは、単なる自己満足にすぎないということなのです。

 

情報との上手な付き合い方

情報はアウトプットしてこそ、初めて自分のものとなる!

 

 


★情報をパクられたらチャンスの証

 

情報には価値というものが存在し、情報の価値が高くなると、お金を払ってでも手にしたい
という人が現れることもあります。そんな「情報の価値」を最大化するためには、その情報
をなるべく多くの人と共有することが必要不可欠です。

 

例えば自分自身の価値を最大化したいと思ったら、自分のことを知っている人の数をできる
だけ増やせばいいということになります。では自分の発信した情報をパクられたら(盗まれ
たら)どうすれば良いでしょう。「盗んでんじゃねえよ!」と怒りたくなるかもしれません
が、実は情報をパクられるというのはその情報が良いもの、質の高いものであることの証な
のです。

 

良いサービスやものを作れば遅かれ早かれいつかはパクられます。いつかはパクられると分
かっているのなら、最初から率先して情報を公開した方が効率が良くなります。しかもパク
られる側というのはオリジナルですから、常に情報の輪の中心にいることになります。情報
が拡大していく中で、最大限の恩恵を受け取れる立場に立てるということです。

 

誰かにアイデア等の情報をパクられたら、「ありがたい」「自分が認められたんだ」と感謝
してみましょう。パクられるが勝ちです。

情報との上手な付き合い方

情報をパクられたらチャンスだと思え!

 

 


★最後に・・・・・・

 

いかがでしたでしょうか。

 

情報と上手く付き合い、操ることで人生は間違いなくいい方向に進んでいきます。今回参考
にさせていただいた堀江貴文氏の『情報だけ武器にしろ』はポプラ新書より絶賛好評発売中
となっております。当ブログの参考書籍紹介コーナーにも掲載していますので、ぜひ読んで
みてください!

 

今回は以上です。ありがとうございました。

 

Twitter、Facebook、YouTubeでの動画配信もやっています。興味がある方はご覧ください!

また、公式LINEもできましたので、よろしかったら友達登録をお願いいたします!!!

 

<Twitter>
yuusakuのTwitter

 

<Facebook>

yuusakuのFacebook

Yu-BlogのFacebookペ-ジ

 

<LINE@>

Yu-LINE

 

<YouTube>

yuusaku【Yu-Blog】

 

▼コメントや質問等はこちらからもどうぞ!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です