無料送金アプリ「pring」ってどんなアプリ?使うメリットは?どんな会社のサービス?

 

★pringとは・・・

 

相手にスマホでメッセージを送るような感覚で、 簡単にお金のやりとり(送金)ができる
送金アプリが「pring」です。お店で会計するときのQR決済や、友達とのワリカンや集金
あらゆるシーンでの個人間送金がスマホのみで完結する。個人用だけではなく、決済に使
用可能なショップ用pringも用意されています。

 

・お金をもらう

・お金を送る

・お店でお金を払う

・お金をチャージする

・お金を口座に戻す

 

これらがすべて「pring」1つにより可能。

手数料等はすべて無料となっています

 

pringの公式HPはこちら
⇩⇩⇩
pring公式HP

 


★pringの利用開始方法

 

1 pringをダウンロード  

         

 

2 銀行口座を用意          

 

3 銀行口座との紐付け完了後、利用開始!

 

もちろん、
登録にも費用は一切かかりません!!

 


★『pring』使用によるメリット

 

●個人間でのお金のやり取りがスマホ上で可能なため、割り勘での会計や多人数での支払い
時等に手間がかかりません。「誰がいくら払ったか」等の計算も必要ないのです。

 

●家計費の清算時に、使用した代金をpringを使って請求することで渡し忘れや漏れ、ミスが
なくなります。(企業内でも利用可能)

 

●店舗用のpringを使うことで決済がスピーディーに。清算ミス等も0になります。

(手数料はわずか0.95%!売上金は翌日自動入金。)

⇒比較として、他社QR決済:約3~4%、クレジットカード決済:約4~5%

 

●口座への出金手数料は完全無料です!

 


★店舗用pring(プリン)の使用例

 

*みずほ銀行の口座を指定の場合のみ。(順次拡大予定)

その他銀行の口座を指定の場合は月1回締め、または月2回締めの入金。

 


★企業内における使用の可能性

 

出張費等の清算

 

社内における社員参加イベント等の集金

⇒事前徴収ではなく、その場で集金を行う。
確実な金銭管理を可能に。

 

・セミナー等参加費の徴収

⇒事前に参加者がpringをダウンロードし、
企業側はその人をLINEで友達登録しておく。

 

・オンライン決済としての使用
(WEB上でのサービス提供時)

⇒ただし、オンライン決済にはまだ対応して
いないため、現時点では不透明。

⇒現在は実店舗でのQRコード決済のみ

 

・金銭管理ツールの一つとして紹介

営業活動ではなく、例えば実店舗をもつ
オーナーさん等、何か事業をされている方に
「決済方法や社員間のお金のやり取りの方法
としてこういった方法もある」とアドバイス。
コンサルティングの質を上げる。

 

★今後の会社としての成長

 

pringは2018年11月に複数の企業から12.8億円の資金調達に成功しました。また、これまで
は株式会社メタップスの連結子会社として運営していましたが、持分法適用会社となり株式
会社pringとして事業拡大を図っています。

 

つまり、これまでは親会社であるメタップスから50%以上の出資をうけ、経営方針もメタッ
プスのそれに合致させる必要がありましたが、今後は出資率が20%以上50%以下となり、財
務に関する数値も最終損益のみを合致させればよいということです。これまで以上に会社独
自の運営ができるようになったんですね。

 

また、pringは今後、上場により、株式の発行を通して資金を調達できるようにすることを
視野に入れています。

 

まとめると

 

上場により資金調達方法を拡大させ、
これまで以上の資金を投じて、「pring」の
利便性向上、利用者拡大を狙う。

 

「pring」による外部事業との連携、
これまでになかった独自のキャンペーン等
の展開を行う。

 

さらに!!!

 

伊藤忠商事との連携

近年、テクノロジーの進歩や規制緩和などにより様々な企業の参入が相次いでおり、消費者
にとって使い勝手のよい新しい金融サービスが普及の兆しを見せています。

「pring」は、銀行口座と連動させることにより、アプリへのチャージ、ユーザー間の送金、
店舗決済、銀行口座への出金といった機能を全てユーザー手数料無料で利用可能な、日本で
唯一の送金・決済サービスです。

友人や知人との飲食代の精算や離れて暮らす家族へのお年玉など幅広い場面で利用すること
が可能になります。

 

つまり!!

 

伊藤忠グループのポケットカード株式会社、株式会社Paidy等のサービスと、「pring」の持
つユーザーが無料で利用可能な送金・決済機能を相互活用することで、更に顧客にとって利
便性の高い次世代金融サービスを提供していくことが可能になるのです。

 

すでに、ユニー・ファミリーマートHDとの連携により伊藤忠商事本社ビル内ファミリーマ
ートでpring決済の導入が決定しています。つまり、伊藤忠商事との連携により、コンビニ
での決済方法「pring」を加えることが可能になったということです。

 

【pring】と【伊藤忠】との連携により、「pring」利用者拡大を図ることができ、それに伴
って、消費者の収入、支出、送金、資産運用などにかかわる顧客のニーズに合わせた次世代
金融サービスを構築・提供することが可能になります。(=シナジー)

 


★他社サービスとの差別化ポイント

 

【全ての機能において手数料0円】

「pring」と同様の機能をもつアプリの代表としてLINE Payがあります。LINE Payでは銀行口
座への出金の際、他の多くの送金系アプリがそうであるように出金手数料が発生します。
(LINE Payの場合200円+税)

 

「pring」は出金時を含め、個人間のやり取り等においても手数料は一切かかりません。この
特徴をもつアプリ・サービスは現状、「pring」のみであり他サービスと大きく差別化を図
っているポイントでもあります。

 

 

【店舗負担の決済手数料0.95%】

店舗における決済の際、他のキャッシュレス決済では店側が手数料を負担する必要がありま
すよね。(他社のQR決済は3~4%、クレジットカード決済では4~5%)

 

「pring」は決済手数料わずか0.95%のため、店側の負担が圧倒的に少ないのです。業界で最
も低いパーセンテージのため、競合他社と大きな差別化を図ることができています。

差別化においては「手数料」がひとつの鍵になっているということです!

 

★最後に・・・・・・

 

いかがでしたでしょうか。

 

今回はキャッシュレス決済のエースになるともいえる便利な送金アプリ「pring」をご紹介
させていただきました。皆さんもこの機会にぜひスマホにアプリをダウンロードして、お友
達やご家族と一緒に使ってみてください!

 

今回は以上です。ありがとうございました。

 

Twitter、Facebook、YouTubeでの動画配信もやっています。興味がある方はご覧ください!

また、公式LINEもできましたので、よろしかったら友達登録をお願いいたします!!!

 

<Twitter>
yuusakuのTwitter

 

<Facebook>

yuusakuのFacebook

Yu-BlogのFacebookペ-ジ

 

<LINE@>

Yu-LINE

 

<YouTube>

yuusaku【Yu-Blog】

 

▼コメントや質問等はこちらからもどうぞ!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です